Sugar Hill Records

スポンサーリンク
News Archive

「ザ・メッセージ」ができるまで:メリー・メル + シュガーヒル・バンドが名曲誕生の瞬間を語る

「ヒップホップ・ファンたちがたむろしていた場所にシルヴィアがやってきてレコードをかけたんだ。あまり反響はないだろうと俺は思っていた。けれども、みんな踊り続けたんだ。その時はじめて『これはいける』と思った」イギリスの音楽誌「UNCUT」に掲載された
Music

「ザ・メッセージ」:グランドマスター・フラッシュ & ザ・フューリアス・ファイブ

この7分間のシングルは、ブラック・ラップ・ミュージックを神格化するものであり、ボブ・ディランが「ハッティ・キャロルの寂しい死」を歌って以来のアメリカ下層階級からの、最も詳細で壊滅的なレポートです。1982年7月1日にシュガーヒル・レコードからリリース
News Archive

「ザ・メッセージ」冗談と自慢話を捨て、絶望と怒りを描いた問題作

ラップの醍醐味は、言葉遊びにあります。ライムとリズムのアクロバットな技、ディスったりイケてる言葉をビートに載せます。今までは、ストリートにおけるラップの主流を「価値のないことを大声で言っている」と、批判するのは非常に簡単なことでした。しかし
News Archive

「ザ・メッセージ」はこうして生まれた:ジグス・チェイス + デューク・ブーティが名曲誕生の瞬間を語る

「何かが起こるとは思ってた、騒ぎを起こすということも。でもこんなに大きくなるとは思わなかった」「ザ・メッセージの歌詞は映画のようなもので、社会にメッセージを投げかけてみたのさ」不朽の名作「ザ・メッセージ」誕生の瞬間を、シュガーヒル・レコードの
News Archive

「ザ・メッセージ」初めてインナーシティの真実を語ったヒップホップ不朽の名作

「完全にノックアウトされた」と、チャック・Dは語ります。「最も影響力のあるMCが『意味のあること』を主張した初めてのラップグループだった」「ザ・メッセージ」は、ヒップホップのリズムに載せてインナーシティの真実を語った初めての曲。「追い詰めないでくれないか
News Archive

「ザ・メッセージ」現代ファンクとシュガーヒル・バンド

ニューヨーク・タイムズ 1982年のアーカイブから。新しいファンクの一例として、グランドマスター・フラッシュ & ザ・フューリアス・ファイヴのアルバム「ザ・メッセージ」と、そのサウンドを支えるシュガーヒルのハウスバンドについて特集しています
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました