Rapper's Delight

スポンサーリンク
News Archive

名曲「ラッパーズ・ディライト」には、ゴーストライターがいた?

ヒップホップメディア「DailyRapFacts」の記事から。歴史的なヒット作「ラッパーズ・ディライト」でのMCビッグ・バンク・ハンクのラップは、グランドマスター・キャズのライムをそのまま借用したもので
Artists

Grandmaster Caz(グランドマスター・キャズ)

ブロンクス生まれのDJ/MCのパイオニア。カサノバ・フライ名義でキャリアをスタートしマイティ・フォースを結成。1970年代後半にはザ・コールド・クラッシュ・ブラザーズに参加。
News Archive

「ヒップホップという言葉を作ったのは俺だ」:ラヴバグ・スタースキー インタビュー

「ラッパーズ・ディライトは、もともと俺のために録音されたものだ」アメリカの人気レコードショップ「アメーバ・ミュージック」のブログより。DJラヴバグ・スタースキー氏が亡くなる前年に行われたインタビュー記事。
Artists

Lovebug Starski(ラヴバグ・スタースキー)

「ヒップホップ」という言葉を生んだ黎明期のレジェンド。1970年代から80年代半ばにかけブロンクスを拠点に、DJ、ラッパーとして活躍したパイオニアのひとりです。
News Archive

「ラッパーズ・ディライト」の年、NYはラップで溢れた

「シュガーヒル・ギャングの『ラッパーズ・ディライト』が成功を収め、ファットバック・バンドの「キング・ティムIII」がチャートに登場したことは、ニューヨークの音楽市場に二重の効果をもたらしました」米ビルボード誌1979年12月22日号の記事より。
News Archive

「ラッパーズ・ディライト」音楽業界に旋風を巻き起こす

「ラッパーズ・ディライトをリリースしたシュガーヒル・ギャングは、音楽業界に旋風を巻き起こしています」米ビルボード誌1979年10月13日号の記事より。「シュガーヒル」からリリースされた12インチ・シングルは、ゴールド認定されたことが明らかに。
News Archive

「ラッパーズ・ディライト」史上最も偉大なヒップホップ・ソング

米音楽メディア、ローリングストーン誌は「歴史上最も偉大なヒップホップ・ソング」と題し50曲を選出。見事2位に輝いたのが、ラップ・ミュージックの原点、シュガーヒル・ギャングの「ラッパーズ・ディライト」です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました