Questlove

スポンサーリンク
News Archive

「エリックB・イズ・プレジデント」ヒップホップがアートになった瞬間:クエストラブが語るヒップホップ・クラシックの背景

もしもヒップホップの歴史において、ヒップホップがポストモダンの時代に突入した瞬間を決めるとしたら、この曲を選ばなければならないだろう。ラキムの歌い方は飾り気がなく厳格。ミンストレルではなくポーカーフェイス。最も受け入れられるのが難しかった曲のひとつ
News Archive

トラブル・ファンク「パンプ・ミー・アップ」最も過小評価されたゴーゴーの起源:クエストラブが語るヒップホップ・クラシックの背景

「ゴーゴー・ミュージックというジャンルと同様に、このリストの中で最も見落とされ、過小評価されている曲。1981年の夏、誰もがこのレコードをかけまくった。DJたちは、曲のイントロを切り取っただけの12インチ・シングルを作ったほどだ」
News Archive

「プラネット・ロック」の思い出、アーバン・ラジオとクラフトワーク:クエストラブが語るヒップホップ・クラシックの背景

ローラースケート・パーティーに出席してすべてが変わった。ショーンの兄ちゃんがDJをやっていた。そこで初めて、今まで一度も聞いたことがなかったドラムマシン「808」の音を聞いた。これから11歳になろうとする少年のすべてを圧倒した。
Round Up

ヒップホップ 不朽の名作 14曲 [1979年 – 1986年編]:クエストラブが選ぶ

ルーツのフロントマン、クエストラブ氏が選ぶヒップホップ名曲ランキング。米音楽メディア「Rolling Stone」の特集記事より。ランキングの中から1979年〜1986年までにリリースされたヒップホップ・クラシック全14曲を
News Archive

「マイ・アディダス」ヒップホップの転換点となった名曲:クエストラブが語るヒップホップ・クラシックの背景

「魔法の瞬間(そして巨万の富)はすぐそこだった。ラッセル・シモンズが目にしたのは、3万人以上のオーディエンスたちがアディダスのシェルトゥを高々とあげる光景。そしてコンサートに出席したアディダス社の幹部たちが、それを目の当たりにしたことだ」
News Archive

スクーリー・D「P.S.K.」があったからこそ「ライセンス・トゥ・イル」が生まれた:クエストラブが語るヒップホップ・クラシックの背景

フィラデルフィアが生んだギャングスタ・ラップのルーツ「P.S.K.ホワット・ダズ・イット・ミーン?」を、同郷のクエストラブが自身の体験を交えながら解説。米音楽メディア「Rolling Stone」の特集記事より。
News Archive

「ロック・ボックス」がなければ「ウォーク・ディス・ウェイ」は誕生しなかった:クエストラブが語るヒップホップ・クラシックの背景

ルーツのフロントマン、クエストラブ氏が語るRun-DMCと3rdシングル「ロック・ボックス」。米音楽メディア「Rolling Stone」の特集記事より。ブラックミュージックがMTVでオンエアされるのが難しかった当時の時代背景を振り返り
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました