Grandmaster Flash

スポンサーリンク
News Archive

ダウンステアーズ・レコードと、ヒップホップ・レジェンド

ニューヨークの「ダウンステアーズ」では、奇妙な現象が起きています。ニューヨークを代表するディスコ・ミュージックの(レコード)販売店である「ダウンステアーズ・レコード」には、世に知られていないR&Bの廃盤レコード、「カットアウト盤」の依頼が殺到しています。
News Archive

ラップバトル、コールドクラッシュ VS ファンタスティック:1981年7月3日ニューヨーク・ハーレムワールド [ビンテージ・フライヤー]

録音されたものとしては最初のラップバトルのひとつであり、この日のバトルは、革新的な映画「ワイルド・スタイル」で再現されました。 1981年7月3日にニューヨーク・ハーレムワールドで行われたラップバトルの告知フライヤー。チャーリー・チェイスと
News Archive

グランドマスター・フラッシュはいかにして科学を駆使してDJテクニックを開拓したのか?

当時のDJは俺のことを「極めてDJを冒涜している」と思っていた。俺は生まれつきの「オタク」で、スタイラス(針先)について徹底的に研究した。レコードを反時計回りに動かした時の圧力に対して、それでも針飛びしないで溝に収まる適切な針を見つける必要があった
News Archive

「初めてのミキサーはSONY MX-8だった」:グランドマスター・フラッシュが語る「ピーカブー・システム」と「クロック理論」

「まずやらなければならなかったのはミキサーの外側にキュー・システムを構築することだった。そこで俺はラジオシャックに行っていわゆる単極双投スイッチというものを買ってきた」グランドマスター・フラッシュが愛用したDJシステム「ピーカブー」1994
News Archive

スクラッチが初めてレコードに登場した名作「ホイールズ・オブ・スティール」グランドマスター・フラッシュ:クエストラブが語るヒップホップ・クラシックの背景

「ホイールズ・オブ・スティール」は、カッティングとスクラッチが初めてレコードになった最初の一例だ。ブロンクスの夜がどんなものであったか5分間の中に刻まれている。
News Archive

グランドマスター・フラッシュ :レジェンドDJのテクニックとプレイリスト

グランドマスター・フラッシュの存在はヒップホップ誕生のストーリーでもあります。彼の最も有名な作品は典型的なオールドスクールであり1980年代初頭のヒップホップのベストリストには必ずと言っていいほど登場します。ですから25年以上も経った今でも
News Archive

「ホイールズ・オブ・スティール」を知るための9つのヒント:グランドマスター・フラッシュのマッシュアップ

ターンテーブルとミキサーのみを楽器として使用し、1人のミュージシャンによって録音された初の作品「ホイールズ・オブ・スティール」(1981年)。このレコードのリリースによって、グランドマスター・フラッシュのDJとしてのスキルが初めて世界に知られることになります。
Round Up

グランドマスター・フラッシュに影響を与えた20曲

初めてDJクール・ハークを見た時にプレイしていた曲が「ホット・パンツ」。これに触発されたフラッシュはDJになることを決意。回顧録からグランドマスター・フラッシュが影響を受けた20曲を抜粋し、「メッセージ」リリース直前までの最初期にスポットを当てています。
Artists

Grandmaster Flash(グランドマスター・フラッシュ)

「グランドマスター・フラッシュ」のステージ・ネームで知られるジョセフ・サドラーはカリブ海東部、バルバドス・ブリッジタウン出身。1970年代後半より活動を始め、ターンテーブルやミキサーを組み合わせたカスタム機材「ピーカブー・システム」を駆使し独自の理論
News Archive

「ザ・メッセージ」ができるまで:メリー・メル + シュガーヒル・バンドが名曲誕生の瞬間を語る

「ヒップホップ・ファンたちがたむろしていた場所にシルヴィアがやってきてレコードをかけたんだ。あまり反響はないだろうと俺は思っていた。けれども、みんな踊り続けたんだ。その時はじめて『これはいける』と思った」イギリスの音楽誌「UNCUT」に掲載された
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました