Blondie

スポンサーリンク
News Archive

ラップの登場とディスコの終焉

ラップ・ミュージックは、若い白人の聴衆をも魅了し、1960年代後半のいわゆるソウルミュージック以来の黒人音楽の形態として、大衆に受け入れられる可能性があります。ニューヨーク・デイリー・ニュース1981年2月20日号の記事より、著者は同誌のコラム
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました