Beside

スポンサーリンク
News Archive

「チェンジ・ザ・ビート」の解説:レジェンドDJ、グレッグ・ウィルソンによる

マンチェスター1980年代初期エレクトロ・シーンのレジェンドDJ、グレッグ・ウィルソンが手がけるリエディットのコンピレーション、2018年にリリースされた「クレジット・トゥ・ジ・エディット」シリーズその第3弾には、ヒップホップの古典「チェンジ・ザ・ビート」
News Archive

「アアアアアアア…フレッーシュ!」の秘密:ビーサイド/ファブ・5・フレディ「チェンジ・ザ・ビート」

ビル・ラズウェルによると「フレッシュ」の声の主は、その夜ブルックリンのレッドフックのスタジオに偶然居合わせていたマネージャー、ロジャー・トリリングの声だと言います。「こんなこと言っても誰も信じないだろうね」とラズウェルは言います。シアトル発のメディア
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました