Afrika Bambaataa

スポンサーリンク
Round Up

史上最も偉大なヒップホップ・ソング 12曲 [1979年 – 1986年編]:ローリングストーン誌が選ぶ

米音楽メディア「Rolling Stone」は「歴史上最も偉大なヒップホップ・ソング」と題し、ランキング50曲を選出。さらにここでは、1986年までにリリースされたヒップホップ・クラシック全12曲を紹介します。
News Archive

「プラネット・ロック」ダンスミュージックの歴史を変えた1曲

米音楽メディア「Rolling Stone」は「歴史上最も偉大なヒップホップ・ソング」と題し全50曲を選出。ヒップホップ・クラシックの金字塔として、アフリカ・バンバータ&ソウルソニック・フォース「プラネット・ロック」を3位にランクインしています。
News Archive

「プラネット・ロック」の思い出、アーバン・ラジオとクラフトワーク:クエストラブが語るヒップホップ・クラシックの背景

ローラースケート・パーティーに出席してすべてが変わった。ショーンの兄ちゃんがDJをやっていた。そこで初めて、今まで一度も聞いたことがなかったドラムマシン「808」の音を聞いた。これから11歳になろうとする少年のすべてを圧倒した。
Round Up

ヒップホップ 不朽の名作 14曲 [1979年 – 1986年編]:クエストラブが選ぶ

ルーツのフロントマン、クエストラブ氏が選ぶヒップホップ名曲ランキング。米音楽メディア「Rolling Stone」の特集記事より。ランキングの中から1979年〜1986年までにリリースされたヒップホップ・クラシック全14曲を
News Archive

「結局、アフリカ・バンバータって何をしている人なの?」という素朴な疑問に、ヴィレッジ・ヴォイスの回答

競争の激しいヒップホップシーンにおいて、誰もがアフリカ・バンバータを賞賛しているわけではありません。懐疑的な人たちは「彼は何をしている人なの?」と尋ねます。しかし、それは無理もありません。ニューヨーク発のカルチャー誌、ヴィレッジ・ヴォイスの
Artists

Afrika Bambaataa(アフリカ・バンバータ)

サウスブロンクス出身のレジェンドDJ・プロデューサー。ポスト・パンクやエレクトロなど、ブラックミュージック以外の音楽を積極的に取り入れ、1980年代のヒップホップに大きな影響を与えたパイオニアのひとり
Artists

Disco King Mario(ディスコ・キング・マリオ)

ノースカロライナ州出身、幼少の頃ニューヨークに移り住みブロンクスデイル・ハウス界隈を拠点に活躍したヒップホップ黎明期のDJです。
Round Up

絶対に外せない! オールドスクールDJ 16人:DJレッド・アラートが選ぶ

ヒップホップ・ディスクガイド「Ego Trip’s Book of Rap Lists」に掲載された「クールDJレッド・アラートが選ぶ、絶対不可欠なオールドスクールDJ(順不同)」より
News Archive

アフリカ・バンバータは「ロックプール」で、パンク・ロックと出会った

アフリカ・バンバータが1980年代前半、最先端のレコードプールからレコードや情報を仕入れていた話や、ブロンクスのクラブでは、黒人とラティーノがパンク・ロッカーと共存していた話など、1998年のインタビューより
News Archive

Run-DMCのデビュー曲を初めて聞いた感想。良いところ、悪いところ

1983年5月21日に初めてチャート入りを果たしたデビューシングル「It’s Like That / Sucker M.C.’s」を、ヴィレッジ・ヴォイスのライターのゲイリー・ジャーディム氏が評論。Run-DMCがメディアに掲載された最も初期の記事
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました