「プラネット・ロック」ダンスミュージックの歴史を変えた1曲

Afrika Bambaataa & The Soul Sonic Force ‎– Planet Rock (1982)

Afrika Bambaataa & The Soul Sonic Force ‎– Planet Rock (1982)
via. Discogs

「全ての中で、最も影響力のある曲のひとつだ」リック・ルービンは語ります。「この曲が世界を変えたのさ」

ローランド「808」のビートをヒップホップに導入したことは、ビースティーからカニエまで、多くのアーティストが感謝していることでしょう。

さらに重要なのは、現代のダンス・ミュージックの非常に広い範囲にわたって、その元となるサウンドの「言語」を生み出したことです。

The 50 Greatest Hip-Hop Songs of All Time – Rolling Stone

米音楽メディア「Rolling Stone」は「歴史上最も偉大なヒップホップ・ソング」と題し全50曲を選出。

そして、その後のヒップホップだけでなく、1980年代以降のダンスミュージックの歴史を変えた最重要曲として、アフリカ・バンバータ&ソウルソニック・フォースの「プラネット・ロック」を第3位にランクインしています。

[3] Afrika Bambaataa & the Soul Sonic Force 'Planet Rock' (1982) Rolling Stone

[3] Afrika Bambaataa & the Soul Sonic Force ‘Planet Rock’ (1982)
via. Rolling Stone

アフリカ・バンバータ&ソウルソニック・フォース「プラネット・ロック」(1982年)

「全ての中で、最も影響力のある曲のひとつだ」リック・ルービンは語ります。「この曲が世界を変えたのさ」

サウスブロンクス界隈のギャングのメンバーだったアフリカ・バンバータは、25歳の時DJに転身。神秘的でパンクなコミュニティのリーダーとなりました。

当時プロデューサーの卵だったアーサー・ベイカーと、キーボード奏者ジョン・ロビーの協力を得て誕生した「最終兵器」。

クラフトワーク「トランス・ヨーロッパ・エクスプレス」と「ナンバーズ」の曲の一部を借用し、シンセのスタブ(オーケストラのヒット音)と、「ロック・ロック・トゥ・ザ・プラネット・ロック/ドント・ストップ!」というロボットのようなMCを融合することで、世界中がブレイクダンスするようなジャムが完成しました。

Kraftwerk – Trans Europa Express (1977)

Kraftwerk – Trans Europa Express (1977)
via. Discogs

Kraftwerk – Numbers / Computer • World.. 2 (1981)

Kraftwerk – Numbers / Computer • World.. 2 (1981)
via. Discogs

ローランド「808」のビートをヒップホップに導入したことは、ビースティーからカニエまで、多くのアーティストが感謝していることでしょう。

さらに重要なのは、エレクトロやデトロイト・テクノをはじめ、フリースタイルR&B、マイアミ・ベース、ブラジル・ファベーラのファンキなど、現代のダンス・ミュージックの非常に広い範囲にわたって、その元となるサウンドの「言語」を生み出したことです。

「当時はこの曲を、ラップのレコードだとは思っていなかったんだ」リック・ルービンは語ります。「そんなことより重要だったのは、この新しいサウンドだ」

チャック・Dは、(1990年代に登場した)クランク・ミュージックも、プラネット・ロックにインスパイアされたジャンルのひとつであると指摘。

「メンフィスの音楽史においての、ウィリー・ミッチェルやブッカー・Tの存在と同じくらい、プラネット・ロックは重要な曲だ」

「ヒップホップ界でこんな曲は未だ存在しない」

関連記事:史上最も偉大なヒップホップ・ソング 12曲 [1979年 – 1986年編]:ローリングストーン誌が選ぶ

タイトルとURLをコピーしました