スポンサーリンク
Artists

The Flying Lizards(ザ・フライング・リザーズ)

前衛作曲家でプロデューサー、ビジュアル・アーティストとして知られるデヴィッド・カニンガムを中心とした、実験的なポップ・グループ。
News Archive

「ラッパーズ・ディライト」の年、NYはラップで溢れた

「シュガーヒル・ギャングの『ラッパーズ・ディライト』が成功を収め、ファットバック・バンドの「キング・ティムIII」がチャートに登場したことは、ニューヨークの音楽市場に二重の効果をもたらしました」米ビルボード誌1979年12月22日号の記事より。
News Archive

「ラッパーズ・ディライト」音楽業界に旋風を巻き起こす

「ラッパーズ・ディライトをリリースしたシュガーヒル・ギャングは、音楽業界に旋風を巻き起こしています」米ビルボード誌1979年10月13日号の記事より。「シュガーヒル」からリリースされた12インチ・シングルは、ゴールド認定されたことが明らかに。
News Archive

「ラッパーズ・ディライト」史上最も偉大なヒップホップ・ソング

米音楽メディア、ローリングストーン誌は「歴史上最も偉大なヒップホップ・ソング」と題し50曲を選出。見事2位に輝いたのが、ラップ・ミュージックの原点、シュガーヒル・ギャングの「ラッパーズ・ディライト」です。
News Archive

「ザ・メッセージ」現代ファンクとシュガーヒル・バンド

ニューヨーク・タイムズ 1982年のアーカイブから。新しいファンクの一例として、グランドマスター・フラッシュ & ザ・フューリアス・ファイヴのアルバム「ザ・メッセージ」と、そのサウンドを支えるシュガーヒルのハウスバンドについて特集しています
News Archive

その「時代」のリリック(歌詞)は、私たちに何を語る?

ニューヨーク・タイムズ1985年のアーカイブ記事から、ポップミュージックの「歌詞」が時代によってどう変化してきたか、リアルタイムなメッセージとして「ラップのリリック」についても触れてています。
News Archive

Run-DMCのデビュー曲を初めて聞いた感想。良いところ、悪いところ

1983年5月21日に初めてチャート入りを果たしたデビューシングル「It’s Like That / Sucker M.C.’s」を、ヴィレッジ・ヴォイスのライターのゲイリー・ジャーディム氏が評論。Run-DMCがメディアに掲載された最も初期の記事
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました