スポンサーリンク
News Archive

「6 in the Mornin’」は、スクーリー・D「PSK」から影響を受けた:アイス-T インタビュー

ヒップホップ愛好家の皆さん、アイス-Tの記念碑的作品「6 in the Mornin'」は、フィラデルフィアのラッパー、スクーリー・Dの「P.S.K. What Does It Mean?」からインスパイアされた曲だということをご存知ですか?
Artists

Schoolly D(スクーリー・ディー)

フィラデルフィア出身のレジェンド・ラッパー。ヒップホップにギャング・カルチャーを持ち込んだ「ギャングスタ・ラップ」のイノベーターです。
News Archive

オリジナル・ギャングスタ・ラップ「P.S.K.」誕生秘話:スクーリー・D インタビュー

「フィラデルフィア・シティ・ペイパー」に掲載された特集記事「いかにしてスクーリー・Dはラップの世界を変えたか」より。スクーリー・Dのインタビューは「PSK」のサウンド最大の特徴について、曲全体を包み込む「残響音」の謎を解決しています
News Archive

スクーリー・D「P.S.K.」があったからこそ「ライセンス・トゥ・イル」が生まれた:クエストラブが語るヒップホップ・クラシックの背景

フィラデルフィアが生んだギャングスタ・ラップのルーツ「P.S.K.ホワット・ダズ・イット・ミーン?」を、同郷のクエストラブが自身の体験を交えながら解説。米音楽メディア「Rolling Stone」の特集記事より。
News Archive

究極のギャングスタ・ラップ:スクーリー・D「P.S.K.ホワット・ダズ・イット・ミー?」

米音楽誌「Spin」1986年5月号より。同誌のレビュー記事でフィラデルフィア出身のラッパー、スクーリー・Dの自主制作盤をピックアップ。その後のヒップホップに与えた影響力の大きさを予言しています。
News Archive

「ロック・ボックス」がなければ「ウォーク・ディス・ウェイ」は誕生しなかった:クエストラブが語るヒップホップ・クラシックの背景

ルーツのフロントマン、クエストラブ氏が語るRun-DMCと3rdシングル「ロック・ボックス」。米音楽メディア「Rolling Stone」の特集記事より。ブラックミュージックがMTVでオンエアされるのが難しかった当時の時代背景を振り返り
News Archive

Run-DMC ファーストアルバム 全9曲レビュー

米音楽メディア「ビルボード」の特集記事よりリリース30周年を記念してRun-DMCファーストアルバム収録の全9曲をレビュー。加えてアルバムが生まれた背景などを詳細に紹介しています。
News Archive

Run-DMC「MTV・ライブ・アット・ザ・リッツ」:1985年6月12日のコンサート映像

Run-DMCの貴重なライブ映像。1980年代半ば、MTVのコンサート番組「ライブ・アット・ザ・リッツ」で放送されたパフォーマンスです。
Artists

Run-DMC(ラン・ディー・エム・シー)

1983年に結成されたニューヨーク州クイーンズ区ホリス出身のヒップホップ・グループ。1980年代に最も成功したヒップホップ・グループのひとつであり、ヒップホップの歴史の中でも後のカルチャーに最も影響を与えたグループのひとつ
News Archive

名曲「ロック・ボックス」はこうして生まれた。Run-DMC ダリル・マクダニエルズが語る、ラリー・スミスの手腕

「『ロック・ボックス』こそRun-DMCの代表曲だ」「ラップのパートが完成すると俺達はスタジオを出た。戻ってくるとラリーは傑作を完成させていたんだ」DMCが語る名曲誕生秘話。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました