News Archive

スポンサーリンク
News Archive

「家族のイベント」から誕生したヒップホップ、その裏に隠された真実:クール・ハーク + シンディ・キャンベル インタビュー

クール・ハークと妹シンディ・キャンベルのインタビュー記事より。ジャマイカ時代の思い出から、「ヒップホップの誕生日」セジウィック通り1520番地のパーティーの裏話まで、子供の頃の「家族の出来事」として答えています。
News Archive

1973年8月11日 ヒップホップ誕生!「セジウィック通り1520番地」のパーティーとは何だったのか?

ヒップホップ・メディア「Rock The Bells」の特集記事より。キャンベル兄妹やハークの相方コーク・ラ・ロックに加え、レジェンダリー・ツインズなど、当時を良く知る人たちの回想を交えながら「ヒップホップの誕生日」といわれる伝説のパーティーとは何だったのかを
News Archive

「ヒップホップという言葉を作ったのは俺だ」:ラヴバグ・スタースキー インタビュー

「ラッパーズ・ディライトは、もともと俺のために録音されたものだ」アメリカの人気レコードショップ「アメーバ・ミュージック」のブログより。DJラヴバグ・スタースキー氏が亡くなる前年に行われたインタビュー記事。
News Archive

「30秒のイケイケ」に、ブロンクスのDJたちが殺到する理由:DJクール・ハークとブレイクビーツ

「ニューヨークを代表するディスコ・ミュージックの販売店『ダウンステアーズ・レコード』では、世に知られていないR&Bのカットアウト盤の依頼が殺到しています」米ビルボード誌1978年7月1日号の記事より
News Archive

アフリカ・バンバータは「ロックプール」で、パンク・ロックと出会った

アフリカ・バンバータが1980年代前半、最先端のレコードプールからレコードや情報を仕入れていた話や、ブロンクスのクラブでは、黒人とラティーノがパンク・ロッカーと共存していた話など、1998年のインタビューより
News Archive

「ラッパーズ・ディライト」の年、NYはラップで溢れた

「シュガーヒル・ギャングの『ラッパーズ・ディライト』が成功を収め、ファットバック・バンドの「キング・ティムIII」がチャートに登場したことは、ニューヨークの音楽市場に二重の効果をもたらしました」米ビルボード誌1979年12月22日号の記事より。
News Archive

「ラッパーズ・ディライト」音楽業界に旋風を巻き起こす

「ラッパーズ・ディライトをリリースしたシュガーヒル・ギャングは、音楽業界に旋風を巻き起こしています」米ビルボード誌1979年10月13日号の記事より。「シュガーヒル」からリリースされた12インチ・シングルは、ゴールド認定されたことが明らかに。
News Archive

「ラッパーズ・ディライト」史上最も偉大なヒップホップ・ソング

米音楽メディア、ローリングストーン誌は「歴史上最も偉大なヒップホップ・ソング」と題し50曲を選出。見事2位に輝いたのが、ラップ・ミュージックの原点、シュガーヒル・ギャングの「ラッパーズ・ディライト」です。
News Archive

「ザ・メッセージ」現代ファンクとシュガーヒル・バンド

ニューヨーク・タイムズ 1982年のアーカイブから。新しいファンクの一例として、グランドマスター・フラッシュ & ザ・フューリアス・ファイヴのアルバム「ザ・メッセージ」と、そのサウンドを支えるシュガーヒルのハウスバンドについて特集しています
News Archive

その「時代」のリリック(歌詞)は、私たちに何を語る?

ニューヨーク・タイムズ1985年のアーカイブ記事から、ポップミュージックの「歌詞」が時代によってどう変化してきたか、リアルタイムなメッセージとして「ラップのリリック」についても触れてています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました