News Archive

スポンサーリンク
News Archive

究極のギャングスタ・ラップ:スクーリー・D「P.S.K.ホワット・ダズ・イット・ミー?」

米音楽誌「Spin」1986年5月号より。同誌のレビュー記事でフィラデルフィア出身のラッパー、スクーリー・Dの自主制作盤をピックアップ。その後のヒップホップに与えた影響力の大きさを予言しています。
News Archive

「ロック・ボックス」がなければ「ウォーク・ディス・ウェイ」は誕生しなかった:クエストラブが語るヒップホップ・クラシックの背景

ルーツのフロントマン、クエストラブ氏が語るRun-DMCと3rdシングル「ロック・ボックス」。米音楽メディア「Rolling Stone」の特集記事より。ブラックミュージックがMTVでオンエアされるのが難しかった当時の時代背景を振り返り
News Archive

Run-DMC ファーストアルバム 全9曲レビュー

米音楽メディア「ビルボード」の特集記事よりリリース30周年を記念してRun-DMCファーストアルバム収録の全9曲をレビュー。加えてアルバムが生まれた背景などを詳細に紹介しています。
News Archive

Run-DMC「MTV・ライブ・アット・ザ・リッツ」:1985年6月12日のコンサート映像

Run-DMCの貴重なライブ映像。1980年代半ば、MTVのコンサート番組「ライブ・アット・ザ・リッツ」で放送されたパフォーマンスです。
News Archive

名曲「ロック・ボックス」はこうして生まれた。Run-DMC ダリル・マクダニエルズが語る、ラリー・スミスの手腕

「『ロック・ボックス』こそRun-DMCの代表曲だ」「ラップのパートが完成すると俺達はスタジオを出た。戻ってくるとラリーは傑作を完成させていたんだ」DMCが語る名曲誕生秘話。
News Archive

「結局、アフリカ・バンバータって何をしている人なの?」という素朴な疑問に、ヴィレッジ・ヴォイスの回答

競争の激しいヒップホップシーンにおいて、誰もがアフリカ・バンバータを賞賛しているわけではありません。懐疑的な人たちは「彼は何をしている人なの?」と尋ねます。しかし、それは無理もありません。ニューヨーク発のカルチャー誌、ヴィレッジ・ヴォイスの
News Archive

ジャマイカのコミュニティが、クール・ハークにあたえた影響

「ブロンクス:ジャマイカのコミュニティとクール・ハーク」からの抜粋。ジャマイカからの移民の子が「DJクール・ハーク」として登場した1970年代初頭にスポットを当て、母国ジャマイカの音楽文化がクール・ハークに与えた影響を分析
News Archive

サウンドシステムはヒップホップにどのような影響を与えたのか

ジャマイカ生まれのクール・ハークが幼少期に体験したキングストンの「サウンドシステム」文化はハークのDJスタイルに影響を与えたと「Groove Music: The Art and Culture of the Hip-Hop D.J.
News Archive

名曲「ラッパーズ・ディライト」には、ゴーストライターがいた?

ヒップホップメディア「DailyRapFacts」の記事から。歴史的なヒット作「ラッパーズ・ディライト」でのMCビッグ・バンク・ハンクのラップは、グランドマスター・キャズのライムをそのまま借用したもので
News Archive

グランドマスター・キャズが語るヒップホップとの出会い、ブロック・パーティーの思い出

ニューヨーク・シティ・オフィシャルガイド「NYCgo.com」に掲載された、グランドマスター・キャズのインタビューから。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました