News Archive

スポンサーリンク
News Archive

DJ ウィズ・キッド、ミシガン州アナーバー市で2度目のライブ開催 1983年11月

アナーバーには3ヶ月ぶり、土曜日の夜2度目の登場となるウィズ・キッドは、稀有な存在です。パーティーでレコードを回す時も、スタジオでインストゥルメンタル・トラックを作る時も、キッドの頭の中にあるのはただひとつ。「ヒップホップ・ヒッピー・ディッピー・バップ、ビートが止まらないから、踊り続けるんだ」
News Archive

「プレイ・ザット・ビート・ミスターDJ」がすべてを変えてくれると期待している:DJ ウィズ・キッド インタビュー

「『プラネット・ロック』がゴールド(ディスク)になって、それ以来、俺たちについて多くのことが書かれるようになったんだ」ウィズ・キッドは、ニューヨークで最も有名で最も評価の高いDJのひとりです。今は亡きDJ界のレジェンド、ウィズ・キッドの貴重なインタビュー。
News Archive

[訃報] ウィズ・キッド 享年33歳 1996年3月25日

DJ ウィズ・キッドの訃報記事アーカイブ。米音楽メディア、ビルボード誌は1996年4月27日号にて、ウィズ・キッドのステージネームで知られるヒップホップのパイオニア、ハロルド・マクガイア氏が3月25日に33歳の若さで亡くなったと報じています。
News Archive

ローランドがヒップホップに与えた影響 [TR-808]

ローランドの電子楽器が1980年代のヒップホップに与えた影響。同社のヒストリーページに掲載された特集記事で音楽ライター、ジーノ・ソルチネッリ氏によるものです。ヒップホップの古典「プラネット・ロック」や「イッツ・ユアーズ」の印象的なリズムが日本の電子楽器メーカー
News Archive

「フレッシュ」は偶然の産物だった?:マイケル・バインホーン インタビュー [チェンジ・ザ・ビート]

「This stuff is really fresh !」誕生秘話。サンプリング・ソースとして最も使用された曲のひとつ、またファブ・5・フレディー氏界隈の80年代の活動を知るための資料としても重要な、ヒップホップの古典「チェンジ・ザ・ビート」
News Archive

「チェンジ・ザ・ビート」の解説:レジェンドDJ、グレッグ・ウィルソンによる

マンチェスター1980年代初期エレクトロ・シーンのレジェンドDJ、グレッグ・ウィルソンが手がけるリエディットのコンピレーション、2018年にリリースされた「クレジット・トゥ・ジ・エディット」シリーズその第3弾には、ヒップホップの古典「チェンジ・ザ・ビート」
News Archive

「アアアアアアア…フレッーシュ!」の秘密:ビーサイド/ファブ・5・フレディ「チェンジ・ザ・ビート」

ビル・ラズウェルによると「フレッシュ」の声の主は、その夜ブルックリンのレッドフックのスタジオに偶然居合わせていたマネージャー、ロジャー・トリリングの声だと言います。「こんなこと言っても誰も信じないだろうね」とラズウェルは言います。シアトル発のメディア
News Archive

ファブ・5・フレディー(フレッド・ブラスウェイト)作:タグズ / ドローイング(1984年)

ニューヨーク、ドイル・オークションに登場した、ファブ・5・フレディー1984年の作品「タグズ / ドローイング」。作品名にはグラフィティ・ライターのサインを意味する「tag」と絵画の技法「Drawing」が共存しており、ヒップホップ界とアート界
News Archive

アフリカ・バンバータ、クラフトワークを語る

俺にとって、クラフトワークは常に「ヨーロッパの音」だった。特に「トランス・ヨーロッパ・エクスプレス」はそうだ。「列車」や「旅行」というキーワードは、全宇宙に音を運ぶためのメタファーとして理解していた。ドイツの音楽メディア「Telekom
News Archive

ラップの登場とディスコの終焉

ラップ・ミュージックは、若い白人の聴衆をも魅了し、1960年代後半のいわゆるソウルミュージック以来の黒人音楽の形態として、大衆に受け入れられる可能性があります。ニューヨーク・デイリー・ニュース1981年2月20日号の記事より、著者は同誌のコラム
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました