K. M. K

スポンサーリンク
News Archive

ダウンステアーズ・レコードと、ヒップホップ・レジェンド

ニューヨークの「ダウンステアーズ」では、奇妙な現象が起きています。ニューヨークを代表するディスコ・ミュージックの(レコード)販売店である「ダウンステアーズ・レコード」には、世に知られていないR&Bの廃盤レコード、「カットアウト盤」の依頼が殺到しています。
News Archive

DJバトルの誕生:ニュー・ミュージック・セミナー

この10年間で、DJバトルは国際的なビジネスとなり、レコードのミキシングとスクラッチの技術は世界中に広まりました。しかし、これは単にバトルが自然進化したというわけではありません。多くの人の手がこのプロセスに加わったのは間違いありません。しかしその中心的な役割を果たしたのが、ある2人の人物
News Archive

DJジャジー・ジェイ、ウィズ・キットのスクラッチ講座

DJジャジー・ジェイとウィズ・キットの貴重なインタビュー映像です。「トミーボーイ・レコード制作」とクレジットのある、DJハウツービデオで、出演者はソウルソニック・フォースのDJジャジー・ジェイ。そしてファンキー・フォー・プラス・ワンのDJとしてウィズ・キットが登場しています。
Music

「プレイ・ザット・ビート・ミスターDJ」:MCグローブ & ウィズ・キッド(1983年)

1983年9月8日リリース。「プラネット・ロック」「ルッキング・フォー・ザ・パーフェクト・ビート」と並ぶ、初期トミーボーイ・レコードを代表するシングル。プロデューサー、トム・シルバーマン主催のDJコンテスト優勝者、ウィズ・キッドのファースト・シングルであり、ソウル・ソニック・フォースのMC、G.L.O.B.E.(グローブ)との1度きりのユニットです。
News Archive

ハービー・ハンコック「ロックイット」のスクラッチDJ、D.ST.は第1候補ではなかった?

「セルロイド」には、ドラマーでもあるDJ、グランドミキサーD.STが在籍していましたが、ラズウェルはD.STのことはすぐに思いつかず、代わりにアフリカ・バンバータに助言を求めました。1983年リリースのシングルカット曲「ロックイット」は、第26回グラミー賞で最優秀R&Bインストゥルメンタル・パフォーマンス賞を受賞。
News Archive

知られざるパイオニア、 DJ ウィズ・キッドと 「プレイ・ザット・ビート・ミスターDJ」

グランドマスター・フラッシュやアフリカ・バンバータのように、ここ最近、彼の名前が取り上げられることはほとんどありません。しかし、オールドスクール・ヒップホップを本気で研究している人であるならこう言うでしょう。ハロルド(ウィズ・キッド)マクガイアという人物が、これらの著名人たちと同じくらいDJのパイオニアであると。
News Archive

DJウィズ・キッド、北西部ヒップホップのゴッドファーザー

「ウィズ・キッドは、これからもずっと、北西部ヒップホップのゴッドファーザーである」と、1987年出版のロケット・マガジンで絶賛したのは(シアトル在住の音楽ジャーナリスト)グレン・ボイド氏です。これほどまでに高く評価されているにもかかわらず、(ウィズ・キッドこと)
News Archive

トミー・ボーイの中でも最高の1曲:プレイ・ザット・ビート・ミスターDJ

「プレイ・ザット・ビート・ミスターDJ」は、トミー・ボーイ・レコードから発売されたシングルの中でも間違いなく最高の1枚です。ヒップホップ系メディア「Bomb」に掲載されたレビュー記事より。「クラッシック・ヒップホップ・レビュー」と題し、レコードが発売された13年後、1996年頃に書かれた記事。
News Archive

DJ ウィズ・キッド、ミシガン州アナーバー市で2度目のライブ開催 1983年11月

アナーバーには3ヶ月ぶり、土曜日の夜2度目の登場となるウィズ・キッドは、稀有な存在です。パーティーでレコードを回す時も、スタジオでインストゥルメンタル・トラックを作る時も、キッドの頭の中にあるのはただひとつ。「ヒップホップ・ヒッピー・ディッピー・バップ、ビートが止まらないから、踊り続けるんだ」
News Archive

「プレイ・ザット・ビート・ミスターDJ」がすべてを変えてくれると期待している:DJ ウィズ・キッド インタビュー

「『プラネット・ロック』がゴールド(ディスク)になって、それ以来、俺たちについて多くのことが書かれるようになったんだ」ウィズ・キッドは、ニューヨークで最も有名で最も評価の高いDJのひとりです。今は亡きDJ界のレジェンド、ウィズ・キッドの貴重なインタビュー。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました