アフリカ・バンバータは「ロックプール」で、パンク・ロックと出会った

www.djhistory.com

via. DJhistory

現在閉鎖となっている英メディア「DJhistory.com」に掲載されていた、アフリカ・バンバータのインタビューより。

記事は現在「Red Bull Music Academy」に全文が掲載され、読むことが可能です。

Interview: Afrika Bambaataa : Red Bull Music Academy

ここではアフリカ・バンバータが1980年代前半、最先端のレコードプールからレコードや情報を仕入れていた話や、ブロンクスのクラブでは、黒人とラティーノがパンク・ロッカーと共存していた話など、バンバータがパンク・ロックと出会った経緯を抜粋。

インタビューは、1998年10月6日ニューヨーク、サウスブロンクス、ハンツ・ポイント・コミュニティ・サンターにて、インタビュアーはフランク・ブロートン(Frank Broughton)です。

ダウンタウンのギグと「ロックプール」

The Mudd Club dance floor, New York (1979)  Allan Tannenbaum

The Mudd Club (White Street in downtown Manhattan) (1979)
via. Allan Tannenbaum

(ニューヨーク)ダウンタウンでの「ギグ」で、最初にプレイしたクラブはどこですか?

おそらく「ジェファーソン」と「マッドクラブ」だったと思う。

それは(ファブ・ファイブ・)フレディーの企画ですか?

そう。それと、名前は忘れたけど、当時「ロックプール」の代表だった人物の企画。

ロックプール(ROCKPOOL):1979年創設のレコードプール。レコードプールとは、レコード会社とラジオ/DJの間でレコード・プロモーションの仲介を行う業者。「ロックプール」はおもにロックやニューウェイブを中心に、最先端でエッジの効いた品揃えでサービスを提供していました。1993年に終了。

ファブ・ファイブ・フレディー:本名フレッド・ブラスウェイト、ビジュアルアーティスト、映画監督、ヒップホップのパイオニア。

ストリート・グラフィティからアートの世界へと移行し、初期のラップ・シーンと、ダウンタウンのアートやパンク・ミュージック・シーンの架け橋となった人物。

Fab 5 Freddy and Debbie Harry at the Mudd Club (1980)

Fab 5 Freddy and Debbie Harry at the Mudd Club (1980)
via. Bobby Grossman

その時の印象は?
いつもと全然違うオーディエンスとのパーティは、どんな感じでしたか?

ああ、彼らは独創的でファンキーだったし、いい感じに肩の力が抜けていた。

俺が「オハイオ・プレイヤーズ」や「クール・アンド・ザ・ギャング」、「ジャングル・ブギー」などを、ブレイクビーツとディスコのミックスで演奏すると、彼らはとても気に入ってくれたよ。

それから俺は「ロックプール」に夢中になって、パンク・ロックのレコードをたくさん聴くようになってからは、さらに「彼ら向け」の曲をプレイするようになった。「ザ・フライング・リザーズ」や、その他のパンク・ロックの曲を演奏し始めたんだ。

「ジェファーソンに出演してくれないか」「マッドクラブに来てほしい」「ダンステリアでプレイしてくれない?」「〇〇に出演よろしく」等々

俺に「フォロワー」が増え始めたのは、その頃からだ。

関連記事:The Flying Lizards(ザ・フライング・リザーズ)

黒人と白人は、ちゃんと列に並んだ

The Palladium (1985)

The Palladium (1985)
via. Matt Weber

「ジェファーソン」はどこの場所にありましたか?

「パレイディアム」の下、古くて大きな映画館だった建物だ。

上の階ではロマンチックなパーティーをやっていた、下ではアダム・アントみたいな海賊の格好をしている時に。

他にも吸血鬼のような時もあった。
確かに奇妙な光景だったよ。

でもしばらくすると慣れてきたのか変化が現れ始めた。

ヤツらは俺たちの場所に来るようになったのさ、超おもしろくてヤバかったよ。

特に、マスコミを黙らせた時はね。

マスコミは「人種間の争いが起きる」みたいなことを言っていたが、全部ウソ。

俺らはただ、パーティーをしたり、酔いつぶれたり、写真を撮ったり、まったりしているだけだった。

黒人と白人は、ちゃんと列に並んで入場を待っていたしね。

それに俺たちはパンク・ロッカーたちも歓迎した。

ヤツらも含め、人々と音楽のためにパーティーをするのは、最もフェアなことじゃないか。

ジョージ・クリントンおじさんが、よく言っていたよ。
「グルーヴの下、国はひとつ」

ブロンクスのパンク・ロッカー

Hip Hop Party at 3510 White Plains Rd, Bronx, NY (1981)

Hip Hop Party at 3510 White Plains Rd, Bronx, NY (1981)
via. CUL

俺たちが(ニューヨークの)ダウンタウンで演奏を始めて、1970年代後半から80年代前半になると、白人のパンク・ロッカーたちが音楽を聴きに、黒人やラティーノのエリアに来るようになった。

ヤツらは、ブロンクスにも来るようになった。

最初はみんな怖がっていたよ。

メディアは「人種間で暴力抗争が起きるだろう」と言っていた。
でも、それがクソみたいな大ウソだいうことを、俺たちは証明して見せたのさ。

第一印象は「うざい」ってなってたよ、みんな。
黒人やラティーノたちは、パンク・ロッカーを見て「イカれたのが来た」って鬱陶しい感じになっていた。

スパイク(コーンスタッズ)に、あの髪型、軍旗などすべて、ずいぶん変わった服装だ。

しかしヤツら音楽がヒットすると、みんな自分のケツをひっぱたくことになる(自分は間違っていた)って気づくのさ。

それから、黒人とラティーノたちは、パンク・ロッカーたちがやっていたダンスを発展させ、それが「パンク・ロック」と呼ばれるダンスになっていった。

パンク・ロッカーは黒人のダンスを習い、黒人やラティーノはパンク・ロックのダンスを習った。パーティーは超盛り上がっていたよ。

さらに俺たちは(他のクラブ)「ネグリル」や「ダンステリア」にも進出していった。

そして「ロキシー」が世界に知られるようなクラブになると、パンク・ロックとヒップ・ホップが爆発的なブームになっていったのさ。

Afrika Bambaataa at the Roxy Club in NYC (early 1980s)

Afrika Bambaataa at the Roxy Club in NYC (early 1980s)
via.Eric Kroll

関連記事:Afrika Bambaataa(アフリカ・バンバータ)

タイトルとURLをコピーしました